恋愛の悩み

冷却期間が不安な女性へ伝えたい5つのこと。

更新日:


復縁やセフレから彼女になるために、「冷却期間」や「沈黙」が必要なことはわかってる。

でも、本当に冷却期間を置くべきなのかわからない。

彼の前から姿を消したら、それこそ彼は自分のことを忘れて、他の女性のところに行ってしまうんじゃないか。

そういった不安を抱えている女性もたくさんいると思います。

今回は、そんな冷却期間の疑問や不安を解消していきます。

冷却期間に失敗なんてものはない


端的に言うと、冷却期間に失敗はありません。

よく「冷却期間中に彼に新しい彼女ができてしまった!冷却期間なんて置かなきゃよかった!失敗した!」という人がいますが、これは違います。

この場合、冷却期間を置いていようが置いていなかろうが、彼に新しい彼女はできていたでしょう。

彼に新しい彼女ができたのは、彼とその女性の間にあった感情が動いたからであり、あなたが離れたからではないのです。

「傍にいたら、女性が近づくのを阻止できた!」
「自分が彼のことを好きだ、と公言して近づけさせないようにした!」

こういった気持ちもわかります。私もセフレ状態の男性相手に同じことを考え、同じことをしました。

しかし、その経験からハッキリ言わせていただくと、どんなに頑張って他の女性を近づけさせないようにしても無理なものは無理ですし、変な邪魔をすればするだけ、意中の彼に嫌われるだけです。

冷却期間というのは、相手から離れて、関係をリセットするのが目的です。

2人の関係が現状、好ましくない(フラれた、復縁を断られた、ずっとセフレ状態にある、愛想をつかされていることがわかる)状態なら、冷却期間は自分にとって、良い効果しか生みません。

冷却期間は、関係のリセットが目的で、物理的に離れれば目的は達成できます。

冷却期間に失敗なんてものはないので、心配しなくても大丈夫なのです。

彼から忘れられてしまう心配はしなくて良い


冷却期間を置く前に、不安になるのが「冷却期間を置いたら、彼から忘れ去られてしまうのではないか」ということだと思いますが、この心配はいりません。

そもそも冷却期間の目的は関係のリセットなので、彼から忘れられたいのです。

冷却期間を置いて彼から忘れてもらい、改めて彼に再アプローチするチャンスを掴みたいのです。

彼の中にある、あなたへの面倒くさい、都合が良い、彼女にはしたくない、といった気持ちをすべてゼロに近づけるのが冷却期間の目的です。

なので、彼に忘れられてしまうんではないか?と不安になる必要はないのです。

むしろ、とっとと忘れて欲しいのです。

忘れられた上で、新しい女性として改めて彼と関係を構築していくのが冷却期間の目的です。

彼に忘れられてしまうんではないか?という不安は捨ててしまって大丈夫です。

連絡を絶っている間に彼女ができても関係ない


冷却期間を置く上で、どうしても心配で不安になるのが「連絡を絶っている間に彼に新しい彼女ができてしまうのではないか」ということかと思います。

これに関しても、正直気にしなくていいです。

確かに、連絡を絶っている間に彼に新しい彼女ができる可能性はあります。

しかし、冒頭でも軽くお伝えしたように冷却期間を置いていようが置いていなかろうが、彼に新しい彼女はできます。

あなたが傍にいたら彼女ができないと言うわけではありません。遅かれ早かれ彼に新しい彼女はできたことでしょう。

冷却期間中に彼に新しい彼女ができたと聞いて、悔しい気持ちや悲しい気持ち、嫉妬心を抱いてしまうのは痛いほどよくわかります。

でも、考えてみてください。

彼女ができたからといって、彼が一生新しい彼女のものになるわけではありません。

仮に彼が結婚したとしても、離婚する夫婦なんて世の中にはたくさんいます。

どう転んだとしても終わりではないのです。

あなたが、冷却期間を置かずに彼のそばにいた場合、彼があなたに振り向いてくれる可能性は低くなります。

しかし冷却期間を置いていれば、彼が新しい彼女と別れた時、傷心中という最高のタイミングで新しい自分をアピールできるのです。

冷却期間中に彼に新しい彼女ができても、冷却期間自体を後悔する必要はどこにもありません。

冷却期間を置いているということは、イコール自分が彼の彼女になれる可能性に近づいているということだからです。

冷却期間中は他の女性の存在を気にするべき時ではありません。

職場や学校が同じな場合、冷却期間はほとんど無意味


今まで、冷却期間がいかに大切かをお伝えしてきましたが、実は冷却期間がほとんど無意味となってしまう状況も存在します。

特に、職場や学校が同じという「どうしても彼の前からいなくなれない」場合は、状況的には冷却期間を置くべきだとされていても、冷却期間は置かない方がいいです。

冷却期間というのは最初にお伝えしたように、あなたの存在を忘れさせて、関係をリセットすることが目的です。

しかし、職場や学校が同じ場合、どう頑張っても彼の中からあなたの存在を消すことは不可能です。

下手に距離を置けば気まずくなってしまい、関係が悪くなってしまう可能性も高いです。

職場や学校が同じ場合は、冷却期間は置かずに、傍にいたまま何とか彼を振り向かせる方法を取る方が得策です。

2人の関係が現状、好ましくない(フラれた、復縁を断られた、ずっとセフレ状態にある、愛想をつかされていることがわかる)状態の場合、冷却期間を置いた方が比較的簡単に状況は好転するのは確かです。

しかし、傍にいたからと言って振り向かせることが100%無理というわけではありません。

彼の気持ちを緻密に計算し、その場その場で最適な行動を取っていけば、少しずつ彼の気持ちがあなたに向いてくることはあります。

ただ、これを一人でやるのはほとんど無理です。

絶対に、彼の言葉に一喜一憂し、彼の考えていることがわからない…と深みにはまってしまいます。

なので、恋愛のプロに事細かにアドバイスをもらうことをオススメします。

ネットに転がっている情報は、大多数に向けているので、あなたと彼の関係や状況にぴったりと当てはまる答えなどありません。

どうしても彼と一緒になりたい!何が何でも彼と恋人同士になりたい!というのであれば、プロの力を借りることをオススメします。

個人的にオススメなのは、「解決できない恋愛問題はない」と公言されている電話占いウィルリリー真実先生です。

その他にもセフレや復縁に強い先生は、復縁に強い!当たる電話占い師を厳選!の記事にまとめています。

無理めな恋愛を上手く行かせたいのなら、冷却期間を設けることをオススメしますが、どうしても冷却期間が置けない場合や置きたくない場合は、手遅れになる前に、プロのアドバイスをもらい、彼に新しい恋人ができてしまう前に恋愛を成就させましょう。

冷却期間は正しく行えば必ず効果がある


冷却期間を置くことが不安な気持ちは痛いほどわかります。

でも、冷却期間を置くことで状況が簡単に好転することもあるのです。

恋人同士じゃないけど一緒にいれるから…なんて悲しい気持ちで彼のそばにいては、いつまでたっても彼女になれません。

以前は恋人同士だった、身体の関係がある、最初は彼の方から好意を示してくれていた、こういった場合、彼があなたに振り向いてくれる可能性は高いのです。

いつまでも、2番手に甘んじているなんてもったいないです!

冷却期間を置けるのならしっかりと置く。

冷却期間が置けないのなら、プロにアドバイスをもらう。

こういった努力をし、何としてでも彼を振り向かせ、本命女子の座を勝ち取りましょう!

関連記事:冷却期間はなぜ必要なの?冷却期間がもたらす効果とは?

関連記事:冷却期間のベストな長さとは?彼から連絡がきたらどうしたらいい?

電話占いランキング

電話占い基礎知識

電話占い体験談

-恋愛の悩み

Copyright© 電話占いナビプラ , 2018 All Rights Reserved.