恋愛の悩み

冷却期間のベストな長さとは?彼から連絡がきたらどうしたらいい?

更新日:

  • 復縁をしたい
  • セフレから本命の彼女になりたい
  • 愛想をつかされている男性と恋仲になりたい

こういった場合、冷却期間を設けることが大切です。

しかし、ネット上では冷却期間の長さは1か月~3か月ぐらいというような曖昧な表現をされていることが多く、「実際どれくらい冷却期間を設ければいいの!?」と思っている方も多いかと思います。

今回は、冷却期間のベストな長さから、冷却期間中に相手から連絡がきた場合の対処法まで詳しく解説していきます。

冷却期間は結局どれくらいの長さがベストなの?


冷却期間のベストの長さは正直人や状況によって変わってきます。

基本的には1~3か月が目安と言われていますが、最低でも3か月。できることなら半年は冷却期間をもうけたいです。

セフレ状態だろうと復縁したい状態だろうと、半年我慢できればかなり冷却期間の効果を期待できるようになるからです。
※冷却期間の効果に関しては冷却期間はなぜ必要なの?冷却期間がもたらす効果とは?で詳しく解説しています。

本当のことを言えば、復縁でもセフレから本命になりたい場合でも、相手から連絡がくるのを待つのがベストです。

なぜなら、相手から連絡がくる=あなたのことを嫌じゃない、思い出している、タイミングが良い可能性が高いからです。

半年も待った方が良い理由としては、この「相手の気持ちを推しはかれる」という部分にもあります。

もし、彼の方がセフレでも元カノでも、あなたに少なからず執着心を感じていれば、半年の間にほぼ100%連絡がきます。

男性というのは、手に入ったものは忘れ去り、失ったものに対して「やっぱり手に入れていたい」という気持ちになるものなのです。

しかし、1か月~3か月程度では、まだ彼の中であなたへの執着心を自覚できない可能性が高く、本当は半年も待てば連絡がくるような状態だったとしても、こちらから働きかけることになってしまいます。

こちらから働きかける、連絡をするということは、彼に「まだ自分のものである可能性が高い」と自覚させてしまうことに他なりません。

この場合、冷却期間をもうけたことで、2人の関係が良いものになる可能性もありますが、本当は頑張って半年待っていれば彼の方から連絡をしてくれ、もっと楽に2人の関係を好転させることができた可能性が高まります。

逆に、半年経っても連絡がない場合は、彼の中のあなたの存在はあまり重要なものではなかった。ということになります。

しかし、これを嘆き悲しむ必要はどこにもありません。

彼の中にあなたに対する執着や存在がないのなら、一から作り上げればいいだけです。

冷却期間後の連絡は、できれば相手からしてもらえることが望ましいですが、こういった場合は自分から連絡をし、改めて新しい関係を構築していきましょう。

以前のあなたでは彼の中に存在を残せなかったとしても、冷却期間中に自分磨きに励んだあなたなら話は別です。

人は1~3か月程度では大きな変化を出すことは難しいですが、半年もあれば充分魅力的に変わることができます。

見た目も中身も魅力がアップすれば、必然的に彼の彼女になれる可能性は高まります。

彼の気持ちを推し量るためにも、自分の魅力を本気でアップさせるためにも、できれば半年間は冷却期間を置くのが効果的です。

半年も待たなくてもいい場合もある?


あります。

これはあなたの中に彼に対する執着がキレイになくなった場合は半年も冷却期間を置く必要はありません。

1週間でも1か月でも冷却期間の効果が期待できます。

ただ、これは言ってみればあなたが彼に冷めた場合、という話です。

1週間冷却期間を設けて、「もう我慢できない!」という気持ちで執着心を持っていないフリをして彼に連絡をしても上手くはいきません。

相手への感情というのは、どんなに隠そうと思っても隠せるものではありません。

むしろ、隠せるだけの演技力があれば、最初から彼の執着心に火をつけさえ、惚れさせることができていたのは間違いありません。

冷却期間には自分を冷静な状態に持っていくための効果もあります。

かなり冷静になれたな、と思うころには彼と会っても以前のように心を乱すことも少なくなり、対等な関係を築けるようになります。

冷却期間を半年も設けなくて良い場合もありますが、それはあなたが彼を「どうでもいい」と思えるぐらいの気持ちになった時だけです。

冷却期間の効果を確実にするためにも、最低でも3か月。理想としては半年間は彼への連絡を我慢をしましょう。

冷却期間中に彼から連絡がきたらどうすればいい?


冷却期間中に彼から連絡がきた場合は、返信をしてOKです。

冷却期間中に彼から連絡がきた場合、彼は、あなたに対して執着を持っている上に、それなりに良い印象を抱いていた可能性が高くなります。

ただし、舞い上がってはいけません。

連絡がきた=彼があなたのことを好き、というわけではありません。

この段階ではまだ、ただの様子伺いの可能性が高いです。彼の彼女になるためには作戦が必要です。

彼女になるためには、彼の言いなりにはならず、彼の気持ちを読み解き、絶妙な距離感で「自分のものではない」と思わせ、彼に手にいれたいという気持ちを抱かせなくてはいけません。

彼のテンションより少しだけ低いテンションを保ち、まるで恋愛初期のような状態に持っていくことが大切です。

ただし、彼に好きという気持ちがバレないようにするために冷たくしすぎるのは、NGです。

常に「手に入りそうで入らない」絶妙な距離感を保ちましょう。

また、冷却期間が3か月以上おいてから連絡がきた場合は、彼に「自分のものではない」と思わせ、絶妙な距離感を保つことは恋愛慣れしている人にとっては比較的簡単ですが、2か月以内に連絡がきた場合や、恋愛慣れしていない場合は、一人で冷静な判断をすることはかなり難しいです。

当サイトでもなるべくわかりやすく解説していますが、やはり一人一人、彼との関係性は違いますし、ネット上でドンピシャな答えを得るのは難しいです。

恋愛アドバイザーに助言をもらうか、恋愛問題に精通している占い師さんに助言をもらうなどして、「自分だけのやり方」を確立することをオススメします。

個人的にオススメなのは、『解決できない恋愛問題はない』と公言されている電話占いウィルリリー真実先生です。

他にも、冷却期間が必要な恋愛問題(復縁やセフレ)に強い占い師さんを復縁に強い!当たる電話占い師を厳選!でまとめていますので、参考にしていただければと思います。

しっかりと冷却期間をもうけ、もう一度対等な恋愛関係を築けるように持って行きましょう!

電話占いランキング

電話占い基礎知識

電話占い体験談

-恋愛の悩み

Copyright© 電話占いナビプラ , 2018 All Rights Reserved.