カップルの悩み

「今の彼氏と結婚していいのか…」彼氏との結婚を迷う人へ。見極め方や不安解消に最適な方法

「今の彼氏と結婚していいのか…」彼氏との結婚を迷う人へ。見極め方や不安解消に最適な方法

「結婚相手は今の彼氏でいいのか」

「彼のことは好きだけれど、結婚となると先が見えない…」

「結婚を考えるとはやく別れて、次に行くべきなのかな…」

そんな悩みを抱えている女性もいらっしゃると思います。

はじめにお伝えしておきますが

「不安になる相手ならやめた方がいい」

 

というようなことを言うつもりは一切ありません。

 

特に女性は本能的に心配性なので、不安になってしまうのは仕方がないことなのです。

お伝えしたいのは不安を抱えたままだと、彼のちょっとした言動が

「自分の理想に合わない!やっぱり、不安だ!どうしよう!」

と感じてしまい、結果的にお互いに悪影響を及ぼしてしまうということなのです。

今は不安に感じる相手でも、実はお互いの相性が良く、結婚することで状況が今以上に好転し、幸せになれることもあります。

今の彼氏とこれからも付き合って結婚まで行くにせよ、別れて次の恋に行くにせよ、まずは自分の不安がどこから来ているのかを知り、解消していくことが、お互いに幸せになれる道への第一歩となるのです。

そもそもなぜ不安になってしまうのか

そもそもなぜ不安になってしまうのか
まずはじめに、お付き合いをした当初

「こんな素敵な人と付き合えるなんて夢みたい!幸せ!」

と感じていたはずなのに、なぜ不安を感じるようになってしまったのでしょうか。

これは、お2人がお付き合いから結婚を考えるステージに進んだからです。

お付き合いは2人の気持ちが通じ合えば、一緒にいることができます。

しかし、結婚となると話は別です。

恋愛から結婚のステージに移行する際に不安になりやすいこと

  • 安定した職業についているか
  • 結婚しても苦労しないだけの収入があるか
  • いざという時のための貯金があるか
  • お金遣いが荒くないか
  • ギャンブル好きではないか
  • 性格の相性は良いか
  • 頼れる相手なのか
  • ずっと一緒にいても穏やかに過ごせるか
  • 彼の家族と上手くやっていけるか
  • 彼が一生、浮気をせず誠実でいてくれるか
  • マッチングアプリや結婚相談所で出会ったけれど上手くいくのか
  • バツイチだけど上手くいくのか、年下だけど上手くいくのか

上記のような様々な不安が渦巻いてきます。

『好き』の気持ちだけで進める問題ではないから

『好き』の気持ちだけで進める問題ではないから
こういった不安に駆られてしまうのは、ひとえに、『好きという気持ちだけで進める問題ではなくなったから』です。

楽しいか楽しくないか、好きか嫌いか、だけではなく『現実的な問題』が目のまえに立ちはだかり、そして、彼はおそらく何かしら『あなたの理想』を満たしていないのだと思います。

結婚は女性にとって、人生の転機になります。

そんな重要な転機を『すべてを満たしていない彼』と迎えてよいものなのか?という迷いがあるのです。

そして、この『迷い』はいわば『正解』です。

日本の昔からの悪しき風習のようなもので、女性は、『男性以上に結婚に人生が左右されやすい』です。

仮に、結婚に失敗して離婚をし、『再婚』を視野に入れるとしても、年齢を重ねるごとに結婚が難しくなるのは女性、ということからも現実問題として理解していただけるかと思います。

男性はいくつになっても社会的地位や金銭が大きければ恋愛が可能ですが(その実績そのものがかっこよく見える上に、それを基準に恋をする女性も一定数いるため)

最近はマシな風潮になってきたものの女性はどんなに頑張ってキャリアを積んでも『可愛げがない』と思われることが多くなり、寄ってくるのはヒモのような男性ばかり、という現実。

結婚して専業主婦になった場合、金銭面を旦那に頼らなければいけなくなるため、旦那が浮気していても強く言えない。

子供がいれば余計に「子供の幸せを願うからこそ、離婚という選択は取れない」と、八方塞がりに。

また、今まで3,700件以上の恋愛相談を受けてきて感じたのは、そういった『結婚したのが間違いだった』という気持ちから不倫に走る女性も多いのが現実です。

そしてそのまま離婚から不倫相手と再婚という流れになれればまだしも、相手側はあくまで『不倫の関係でありたい』と願い、恋愛のドキドキは感じつつも何となく満たされない人生を送る。

もちろん、そこから大逆転して幸せを掴む人もいますが、なんにせよ『結婚に慎重』なのは、現実をしっかり見ているということのあらわれでもあります。

今、あなたがぶつかっている問題は、あなたの人生を左右する大きな問題です。

別れる決心がつかないのは将来への恐怖が関係している

別れる決心がつかないのは将来への恐怖が関係している
そしてあなたは、少し、こうも思っています。

「彼と別れて別の人と付き合った方が幸せになれるのではないか?」

ただ、一方でこういった感情も持っています。

「別れたところでもっと良い出会いがあるかわからないし、今まで一緒にいてくれた彼をフるなんて、申し訳ない」

こういった気持ちを持っているので、『彼と結婚すべきか悩んでいるのに、彼と別れる決心はつかない』のです。

でも、これは悪いことではありません。

人と人との繋がりに『情』は大切ですし、こういった感情を持つのも自分の幸せや相手の幸せをしっかり考えているからです。

ちょっと嫌なことがあるだけで相手と別れる選択肢を取ってしまう方が考えものです。

大切なのは、自分が彼に不安や不満を持っている、ということを自覚した上で、2人の将来を考えていくことなのです。

結婚の際、重視した方がいい問題・あまり気にしなくてもいい問題

結婚の際、重視した方がいい問題・あまり気にしなくてもいい問題
ただ、『不安』の中にはいわゆる『マリッジブルー』に相当する『取り越し苦労にしかならない不安』『結婚をするなら誰しも乗り越えなくてはいけない問題』もあります。

もちろん、不安なんてゼロに越したことはありませんが、あなたが「彼との結婚で本当にいいのか?」と悩んでいるものがどちらに入るかチェックしてみてくださいね。

あまり気にしなくていい問題

あまり気にしなくていい問題

取り越し苦労で終わる問題・乗り越えることのできる問題

  • マッチングアプリや結婚相談所で出会った
  • 年下の男性との結婚
  • バツイチの男性との結婚
  • 優柔不断で頼りない
  • 価値観の違い
  • 収入が少ない・貯金がない
  • セックスレス

マッチングアプリや結婚相談所で出会った

マッチングアプリや結婚相談所で出会った
マッチングアプリ、街コン、結婚相談所、お見合い。

いわゆる、一般的な恋愛結婚とは少し違う流れからお付き合いに入ったゆえに、

「自分はこの人のことを本当に理解しているのだろうか?」

「この人と結婚していいのだろうか?」

と不安になってしまう方も多いです。

これに関して言えば

  • お付き合いが3年以上続いている
  • 自分のダメなところを曝け出しても受け止めてくれた

どちらかを満たしていれば、結婚後に問題が起きる可能性は、恋愛結婚で結婚した人と大差ありません。

また、仮に出会って一年未満でも『ダメなところを曝け出しても受け止めてくれた』という場合は、『結婚すべき相手』な可能性も高いくらいです。

具体的には、

  • 生理前後のイライラで、あたってしまった
  • 一方的に爆発してしまったことがある
  • 精神不安が高まって急に泣いてしまった

こんな時に、慌てず、ただただ優しくしてくれた、ちょうど良い距離感に一歩引いて、こちらの失態を見ないふりしてくれた、という場合、結婚しても上手くやっていくことができる可能性が高いです。

懐が広く、それゆえ、女性側も相手を尊敬し、ちょっと問題があってもお互いへの愛情があるからこそ乗り越えていける理想的な状態と言えます。

逆に、こういった問題(女性側が問題を起こす前提なので、普通の恋愛においては起きないに越したことはありません)が起きず、喧嘩をしない相手、というのも『良い相手』です。

ただ、その場合は3年ほどしっかりとお付き合いして見極める方が良いでしょう。

あなたが『優しい』と感じているものが本当の優しさなのか、それとも頼りなさから来るものなのかをしっかり見極めておかないと結婚後のがっかり感が強く、後悔の意識に入ってしまうことが多いからです。

ちなみに

「結婚をしたいから、マッチングアプリや結婚相談所に入会して出会いを求めた。お付き合いできる許容範囲の男性を見つけたけど、ドキドキもしないし彼で良いのか不安

という場合は、違う問題ですので、好きな人ができない!長く彼氏がいなくて焦っている女性へ!の記事を参考にしてくださいね。

年下男性との結婚

年下男性との結婚
年下男性との結婚に対して

  • 世代が違うが価値観が合うのか
  • 自分の方が見た目が老けるのがはやいけど、ずっと一途でいてくれるのか

といった不安を抱える女性もいますが、あまり気にする必要はありません。

こういった問題は年齢が離れていてもぶつかる問題です。

ただ、本当に20歳も30歳も離れていて『介護問題』が出てくると、話が少しややこしくなりますが、自分が年上である場合はその時に自分自身が備える意識があれば乗り越えられます。

一つだけ問題なのは、年下男性がヒモだったり『過度な甘え』がある場合です。

こういった場合は、一般的な「頼りにならない」のレベルを超えて『穀潰し』になる可能性がありますので、年下男性が年上女性に惚れる心理とは?年下男性との恋愛をうまくいかせる基本と考え方!の記事を参考に、結婚の前にしっかり彼を男として育てましょう。

その上で、結婚するかを改めて考える方が良いと言えます。

バツイチの男性との結婚

バツイチの男性との結婚
一度は結婚を失敗しているバツイチ男性との結婚は、どうしても漠然とした不安がつきまとってしまうものです。

ただ、

  • 自分がバツイチであることに言い訳をしていない
    (現実をしっかり見れているし、あなたの不安も汲んでくれている)
  • 離婚の原因が彼にあるわけではない
    (奥さんの不倫、価値観の不一致、円満離婚)
  • 価値観の不一致で彼が離婚している場合、彼が語った『理由』と実際の彼の言動を見て『理解』できる
    (嘘をついていない。彼が変わらないことをあなたが受け入れられている)
  • 連れ子がいる場合、あなたが彼の子供と仲良くできる。自分の子供と同等に接することができる。
    (親権が男親にある時点で、まともな人である可能性が高くなる)

という場合は、心配しなくて大丈夫です。

むしろ、一度は結婚を失敗した彼だからこそ、彼の方からプロポーズをしてくれる場合はかなり覚悟を持って、あなたとの未来を考えていると思って良いと言えます。

逆に

×離婚の原因が彼の浮気癖や浪費癖にある
×あなたへの隠し事が多い
×バツ二、バツ三と、離婚経験がとても多い
×危険な魅力があるタイプの男性
×付き合って日が浅く彼に悪いところが見つからない(離婚の原因がわからない)

という相手との結婚は慎重になるべきです。

あなた自身が、元奥さんと同じ立場になってしまう可能性が極めて高いので、冷静に彼を見つめて本当に彼が信頼できる相手なのか見極める必要があります。

優柔不断で頼りない

優柔不断で頼りない

  • 「ついてこい!」という気概がない
  • 問題解決能力が低い
  • 物事を先送りにしがち
  • 決定権を譲ってくる
  • いざという時に頼れる雰囲気じゃない

といった感じでとにかく『優柔不断で頼りなく、人として寄りかかれる感じがしない』というタイプの彼氏ゆえ、結婚を躊躇ってしまう、という場合。

もうこれは、次第ですが、あなたがしっかり地に足ついた考えができるタイプで、彼自身が俺様系じゃない場合は上手くいくことも多いです。

もちろん上記のようなタイプなのに、俺様気取りだったり、勝手に物事を決めてしまうタイプで最終的な責任は取らない、というタイプとなるとまた話は別ですが、ただ頼りがいがない、優柔不断で問題解決能力が乏しい、という男性は、『気が強く、豪快な女性』とは相性が良いので、あなたがそういったタイプなのであれば、むしろ結婚生活は上手く回ることも。

ただ、あなた自身も、繊細で自分で物事を決めるのが苦手で誰かに引っ張ってほしい、というタイプとなると上手くいきづらいので、自分との相性を考えてみてくださいね。

関連記事相性占いは恋愛や結婚で不幸になりたくない人は絶対にしておいた方が良い!

価値観の違い

価値観の違い
離婚原因によくあがる『価値観の違い』ですが、価値観がまったく同じ人などいないという前提で

  • 理解し合う気がある二人
  • 自分の考えが間違っている可能性を常に持ちながら話をする二人

であれば問題ありません。

また、これは意外かもしれませんが『価値観の違いで離婚した』という夫婦の大半が

「結婚する前は価値観の違いをあまり感じなかった」

と言います。

これには深い心理的な作用があり、人間というのは自分と全く異なるものよりも『似て非なるもの』

つまり、『考え方が似ているはずなのに、違うもの』に対する拒絶の意識の方が断然強いのです。

それゆえ、『価値観が似ている人と結婚する』という幻想にとらわれてしまうと、

『自分の考え方の癖にがんじがらめとなり、他者を受け入れられない』

イコール

『ちょっとした違いで大きな問題が起きる』

という流れに繋がってしまうのです。

本気で、何の問題もなく価値観を共有できる相手というのは、ソウルメイトにおけるツインソウルくらいしかありえません。

幸せな結婚生活を送る人の大半が『価値観の違う相手を受け入れることで、自分を大きく成長させている』のです。

もちろん、その中で自分の価値観が変わることも、相手の価値観が変わることもあり、それが『価値観の共有』『価値観の一致』となるのです。

ただ、これは女性だけがこの考えでも、男性だけがこの考えでも上手くいきません。

あくまで、2人ともが

  • 理解し合う気がある
  • 自分の考えが間違っている可能性を常に持ちながら話をする

ことではじめて成立します。

仮にあなたが『価値観が合うかどうか』を重視するなら、『価値観にとらわれずに自分の考えをアップデートする』という価値観を持っている人を選ぶことをオススメします。

収入が少ない・貯金がない

収入が少ない・貯金がない
収入の問題は結婚につきものですが、収入の少なさや貯金がないといった問題は、協力して乗り越えることができますし、彼が今のまま変わらないとは限りません。

こちらに関しては、「彼氏と結婚したいけど、貧乏すぎて将来が不安…」そんな女性へ。の記事で詳しく解説していますので、参考にしていただければと思います。

セックスレス

セックスレス

  • 長く付き合っていてマンネリ気味
  • ここ数年セックスレス状態

それでも

「彼のことが好きなのは本当だし、彼が私を大切にしてくれているのは感じる」

という場合、セックスレスであることをあまり不安に思わなくて良いでしょう。

ただ、前提としてそれを、『あなたも彼も受け入れていて、特に問題に思っていないこと』が一番大切です。

仮に、本当はもっとたくさん愛し合いたいのに、彼の方が乗り気じゃない。

彼のことは好きだけど、誘われてもそういう気持ちになれない。

という場合、結婚後に男女関係で問題が起きやすくなるので、彼の方が乗り気じゃない、という場合は、あなた自身に少し変化をつけてみて、彼を誘惑してみる。

あなたの気分が乗らない、という場合は、少し距離を置いてドキドキ感が上がってくるのを待つ、といった形でどうにか現状を打破できないか試してみてください。

それでもダメなら、外で発散することを了承するなど何かしら『対策』を取っておかないと、お互いが結婚を後悔する可能性があるのは事実です。

重視した方がいい問題

重視した方がいい問題

結婚後も問題が起きやすい障害

  • 浮気癖
  • 浪費癖
  • 実家の過干渉/実家への依存傾向
  • 年上すぎる彼氏との結婚

浮気癖

浮気癖
×過去に2度以上浮気されたことがある
×お付き合いをしていてもマッチングアプリに登録したまま
×女性の友人をたくさん作りたがる
×わざわざSNSで新規の女性に絡みに行く
×女性関係で嘘ばかりつく(彼女がいない、など)

といった『浮気症』『浮気癖』がある男性ゆえに、結婚後が不安、という方。

彼のこの悪癖は一生直らないと考えて結婚をした方が良いです。

時に、

「結婚をしたら彼にも責任感が出て、変わってくれるかも」

「子供ができたら、良いパパになって今までの行動を反省してくれるかも」

と夢見てしまいがちですが、断言します。

浮気症の男性は、結婚した後も同じことをします。

それを許容し、『浮気は男の甲斐性』と考えるのであれば、あなたほど彼を理解し受け止められる女性はほぼいないので、ある意味、結婚生活は続くかもしれませんが、あなたがそれで傷ついてしまうのであればオススメできません。

確かに、浮気症の男性が一途になるパターンもあるのですが、その多くは『今まで浮気症だった男性が、その人と付き合った時点で浮気をしなくなる』という形であらわれることが多いため、付き合っている最中にも浮気の傾向があるのであれば、結婚後も似た流れになることが非常に多いので、結婚を躊躇っている自分の本能に忠実になった方が良いと言えるでしょう。

関連記事浮気をしない男なんて本当にいるの?どうしたら一途な男性に会える?

関連記事「浮気ばかりされる…」浮気をされやすい女性は3パターンに分けられる!パターン別の対処法

浪費癖

浪費癖
収入が少ない、貯金がない、という状態自体は、夫婦で協力したり、あなたが結婚後には財布のひもを握ることを前提にするなりで、どうとでもなりますが、

×ギャンブルが好きでお金の使い方が度を超えている
×借金がある
×使ってはいけないお金にまで手をつける
×見栄っ張りで身の丈にあわないものを身に着けている
×自分の経済状況を顧みず、人に奢ることが多い

という『浪費癖』がひどい場合は、例え良い会社に勤めていても、収入が多くても結婚後に大変なことになることが非常に多いです。

また、このタイプで、自分の財布のひもを握らせたくないというタイプはかなり危険です。

具体的には、二人で貯金をする、と決めても

  • 今月は厳しいから来月まとめて今月分を払う
  • 何だかんだお金を貯めてくれない
  • 口では約束してくれるけど実際の行動が伴っていない

という場合は、結婚してからも彼の浪費癖に振り回されることになるでしょう。

彼の方からプロポーズしてきたのであれば

  • 結婚費用(かなり多めに設定)を一緒に毎月コツコツ貯金して、それが貯まったら結婚する、という約束を取り付ける
    (いざという時に我慢の効くタイプなのかを見極める)

もしくは、

  • 財布を別々にし、自分の分は自分で稼ぐ、自分のお金は好きに使っていい、を前提に結婚する

といった事前対策を取らないとかなり厳しい結婚生活になるので注意が必要です。

実家の過干渉/実家への依存傾向

実家の過干渉/実家への依存傾向
×彼の実家からの過干渉がひどい
×彼の実家への依存がひどい
×彼の実家の近くに住むことや同居が結婚の条件になっている

それゆえ、二人の生活に彼の親の意見が介入し、あなたがそれを居心地悪く感じている場合、正直結婚は踏みとどまった方が良いです。

また、一度彼に、

「私は実家に干渉されるのは、あまり好ましいと感じない。二人で新しい土地で新しい生活をしていきたい」

としっかり提言しましょう。

それで彼があなたの意見を尊重してくれるのであれば、結婚後も日と場合により程度の差はあれど、彼自身が親とあなたの板挟みになった場合、自分の奥さんである、あなたの意見をしっかり聞いて考えてくれるでしょう。

もちろん、実家のことを優先させることもあるかもしれませんが、彼には彼の考えもあるため、ある程度は仕方のないこと。

ただ、とにかく『実家や親を最優先で大事にする』という男性の場合、結婚後に奥さんが本当にストレスフルになるケースが多いので、今の時点であなたがストレスを感じているのであれば長い目で見て、結婚はやめておいた方が良いかもしれません。

年上すぎる彼氏との結婚

年上すぎる彼氏との結婚
5歳10歳程度なら問題はありませんが、20代と40代など年上すぎる彼氏との結婚は将来の問題をしっかり話し合って結婚を考えるべきです。

特に多いのが

  • 介護問題
  • プライド問題

の2つです。

介護問題に関しては、そのままですね。

確実にあなたより彼の方が老いるのが早いので、介護が必要になった時に揉めやすいです。

また、まだ彼の方が45歳未満であれば、基本的に普通の結婚生活の期間がそれなりに長いのでマシですが、彼が50歳以上となるとかなり早い段階で介護問題が出てきますので、そうなった場合どう乗り越えていくのか、具体的な話し合いをしてから結婚に踏み切った方が良いと言えます。

また、『プライド問題』も結構大きいです。

男性はそもそも『尊敬されたい欲』が強く、かなり年下の女性と付き合う男性ほどこの傾向が増します。

なので、結婚後に『俺様感が強くなる人』や『女性が家庭内で強くものを言うことを好ましく感じない』という人が多いです。

それも含めて、彼が結婚に値する人、あなた自身の未来にどう影響してくるかをしっかり考えた方が良いと言えます。

彼と結婚していいかの最終判断

彼と結婚していいかの最終判断
幸せな結婚をするために一番大切なのは『彼の悪いところを許せるか』です。

結婚すると性格や雰囲気が変わる人というのはいますが、彼が変わるタイプかは今の段階ではわかりません。

彼自身も把握していないでしょう。

なので、彼の悪いところは今後も『変わらない』と思っていた方が安心です。

中には、

  • 定職についていない彼を説得して定職に就かせよう。
  • お金遣いが荒い彼にお金の大切さを知ってもらおう

と『彼を変えよう』とする方もいますが、残念ながら人を変えることはできません。

人が変わるのは『自分自身が変わろうと思った時だけ』で、周りから強制的に変えられた場合は、少し時間が経ったら確実に元に戻ります。

頑張って正社員になっても、本人が「バイトの方が気楽だからバイトが良かった」と思っていれば、何かの拍子に理由をつけて正社員を辞めるでしょう。

お金遣いが荒い人が説得により、一瞬、金銭感覚が普通になったとしてもしばらくしたら、元通りになります。

特に、結婚というこの先何十年も一緒にいるとなると、それこそ素の彼が顔を出します。

彼と結婚していいのかを悩んでいる方は、彼との結婚を不安に思っている理由を明確にし、それを許せるかを自問自答してみることをおすすめします。

関連記事結婚の相性はどうやって見極めるの?後悔しない結婚相手の選び方

どちらにせよ自分の心と真正面と向き合うべきタイミングが訪れている

どちらにせよ自分の心と真正面と向き合うべきタイミングが訪れている
また、彼との結婚を目指してお付き合いしていくにしても、次の恋に行くにしても、はやめに気持ちを固めることをおすすめします。

一つ目の理由として、年齢を重ねて焦りが出てきてしまうと結果的に魅力的でない人をつかまえてしまいがちだからです。

いくつになっても素敵な恋愛はできます。

人は歳を重ねた分だけ教養が増し、内面的な魅力が増えて行くからです。

しかし、今はメディアがなんの根拠もなく「30代独身女性は売れ残り」と無駄に煽ってくるので、年齢があがると無意識のうちに焦り始めてしまうんですね。

なので、彼と別れて次に行こうと考えているのであれば、はやめに決断し、余裕を持って結婚相手を探すことをおすすめします。

2つ目の理由としては、彼側の問題です。

男性は女性に比べて恋愛に関しては鈍感なところがあるので、あなたが迷っていても彼はプロポーズを考えているかもしれません。

男性にとってプロポーズは女性を喜ばせるための一大イベントです。

もしあなたが不安を抱えたままプロポーズまで発展してしまった場合

  • 迷って言葉を濁す
  • 今は結婚は考えられない、と断る
  • OKしたけれど、心の仲では素直に喜べない

そんな状態になってしまいます。

それこそ、一緒にいた彼への裏切り行為となってしまいますし、男性は自分が恥ずかしい気持ちになったり、自尊心を傷つけられたタイミングは、女性以上に根深く覚えているもの。

いざ、あなたが結婚への意思を固めたとしても

「一度断られたし」

と、頑なに首を縦に振らない状態になってしまう男性も意外と多いのです。

そうならないためにも、彼と結婚すべきか?しても大丈夫なのか?を悩んでいる人は、しっかりとこのタイミングで自分の気持ちと向き合ってくださいね。

関連記事未来予知で最善の未来を選び取ろう。占術別の見通せる未来の差から当たる先生まで(口コミ付)

関連記事相性占いは恋愛や結婚で不幸になりたくない人は絶対にしておいた方が良い!

電話占いランキング

電話占い基礎知識

電話占い体験談

おすすめ占い師診断

新しく『おすすめ占い師診断』ができました!
あなたの悩みにピッタリな占い師を無料で診断!

スポンサーリンク

-カップルの悩み