身体だけの関係

セフレから本命になった体験談から学ぶ!本命になるためのコツ!

 セフレから本命になった体験談から学ぶ!本命になるためのコツ!
セフレは一生セフレ、というような意見を目にすることも多いですが、そんなことはないです。

セフレから彼女になるというのは都市伝説でもないですし、そんなに珍しいことでもありません。

実際にわたしはセフレから本命になりましたし、わたしの友人にもツラいセフレ状態から抜け出して本命の彼女になった女性が3人います。

今回は、友人たちから許可をいただいたので、セフレから本命になった女性の体験談と、今まで3,700件以上の相談を受けてきた恋愛アドバイザーの経験を基に本命になるために大切なことについてお伝えしていきます。

セフレから付き合った体験談

2年かけて最高の努力をし、セフレから本命に

2年かけて最高の努力をし、セフレから本命に

当時の年齢:20代後半
相手の年齢:20代後半
セフレ歴:2年

元々職場の同僚で、たまに二人で飲みにいくような関係でした。

最初はそこまで恋愛感情があったわけではなかったのですが、一緒にいると楽しくて、ノリもあって、少しずつ好きになっていきました。

私から誘ったことはなく、いつも彼の方から誘ってくれていたので、彼の方も私に気があるのかな、と思っていて、飲みの延長線で彼の家に誘われた時にキスをされ、そのまま身体の関係を持ちました。

そこから2回ほど関係を持ったものの「付き合う」という言葉がなく、しびれを切らして

「どういう関係?」

と聞いたら

「好きだけど、まだわからない。せっかく仲良くしてるのに、付き合って関係が壊れるのが怖い。今の関係には終わりがない」

と言われ、その言葉を信じたい気持ちがありましたが、それ以前(10代後半)に他の男性とセフレの関係を持っていたことがあったので、経験則的に

「あ、これは、セフレだ」

と感じて、悩みました。

また同じことをしている、と思いながらもやっぱり好きだったので、呼び出されたら夜中でも仕事終わりでも彼の呼び出しに応じて、ほぼ毎回身体の関係を持っていました。

嫉妬心や束縛心はもちろん、すごくありました。

彼から連絡がこない日は、誰か他の女性と会っているんじゃないかと不安でしたし、休みの日も彼からの連絡がきたらすぐにでも行けるように予定を入れていなかったので、泣けてきて仕方がなかったですし、はやく会いたいと思っていました。

でも、昔バイト先の先輩とセフレになった時も同じような感じで過ごして、結局、嫉妬で束縛しようとして『重い女』と思われてこっぴどくフラれたので、

「絶対に前と同じ失敗をしちゃいけない」

「絶対に重い女は嫌われる」

と思って、嫉妬心や束縛心は絶対に表に出さなかったです。

2年の間で、彼に彼女ができたり、他のセフレの存在を知ったりと色々とあったのですが、

意識したこと

  • 彼から連絡がきた時に、予定が会えば会う。
  • 彼から連絡がきても自分に予定が入っていたら、予定を優先させる。
  • 彼に彼女になりたいということは一切言わない
  • 彼の前では笑顔でいる
  • 自分磨きをする
  • 自分の意見もきちんと持った女性でいる

と、いうのを徹底して、近くにいることにしました。

この間は、表面は明るい女性として振る舞っていましたが、心身は結構ボロボロでした。

それでも、「彼の彼女になりたい」という一心で、頑張って耐え抜きましたし、自分磨きに全力投球し、彼と一緒にいる時には「楽しい!」と思ってもらえるように頑張り続けました。

その結果、少しずつ彼の態度が気を遣う感じになってきて、彼からの誘いを断った(予定があったので)次に会った時に、

「付き合わない?」

と告白されました。

セフレのまま終わってしまった経験も、セフレから彼女に昇格した経験もあるからこそ、言わせてもらえば、『感情のコントロール』さえ完璧にこなせれば、彼女になれる可能性はいくらでもあるのかな、と思います。

そして、お付き合いして5年目にして、彼との結婚が決まりました!

必勝パターン?彼女持ち相手のセフレから本命に3回昇格を経験

必勝パターン?彼女持ち相手のセフレから本命に3回昇格を経験

当時の年齢:20代前半~30代前半
相手の年齢:20代前半~40代前半
セフレ歴:3人とも1年未満

参考になるかわからないけど、3回セフレから彼女になったことがあります。

3回とも同じパターンだったので、自分なりの成功パターンがある気がしてるんですけど、

意識したこと

  • 彼女のことを悪く言わない
    (というか、彼女がいることを気にしない)
  • 他の男性とも遊ぶ
    (誠実さも大事なので、その人とはセフレにならない)
  • 他の男性を匂わせることはしないが、隠しもしない
  • 彼の良いところを褒める
    (特に表面的ではない性格とか普段褒められていないであろうところを!)
  • だけど、好きとは言わない

とやっていると、だんだん彼の方が嫉妬し始めるようになります。

そこで、

「●●に告白されたから、付き合おうか迷っている」

と言うと、慌てて

「彼女と別れるから付き合ってほしい」

と言われます。

一人は、

「俺たちの関係はどうなるの?」

と聞いてきたので

「やめるよ。彼氏ができたら彼氏一筋になるに決まってるじゃん」

と返したら、「付き合おう」という話になりました。

今まで4人、彼女持ちの男性のセフレになった経験があるんですが、4人中3人この流れで彼女に昇格できました。

ただ、うち1人は、これがキッカケで彼女と結婚してしまったので(そろそろ身を堅める、と言われたので告白してくるのかと思ったら縁を切られました。彼女との結婚は友人伝えで知った)100%とは言わないです。

私の場合、身体の関係を持っていようと持っていなかろうと同じようなやり方で彼女になってるので、どんな関係であれ『狩猟本能を刺激する』のは大事なのかな、と思います。

よくわからないけど本命に

よくわからないけど本命に

当時の年齢:10代後半
相手の年齢:20代後半
セフレ歴:1年

バイト先の社員さんが好きで告白したら、断られました。

でも、その後も仕事終わりにご飯に行ったりしてて、「身体だけの関係でもいいから」と私が誘ってホテルへ。

それから1年くらいセフレの関係を続けていたら、私の誕生日にホテルで

「付き合って欲しい」

と告白されました。

自分では何で告白されたのか全然わからなかったんですけど、友人に相談したら

「(私が)何を考えているかわからないタイプだから、相手の方がハマったのでは?

と言われました。

確かに、普段から男性からも女性からも

「何を考えているかわからない」

「唐突だよね」

と言われることが結構あります。

でも、彼のことが好きなのは本当だったし、セフレから彼女になりたいと思って、よく言われているようなNG行動をとってしまったこともあります。

なので、彼に気持ちがバレていなかったとは思わないのですし、相手を振り回すことができていたとは思わないのですが、本命になった経験があります。

恋愛アドバイザーとしての補足

恋愛アドバイザーとしての補足
友人なのでよくわかるのですが、彼女は、いわゆる『フワフワした女性』です。

本人は無自覚のようですが、今日好きだったものが明日には好きではない可能性がある、といった雰囲気があり、実際、服装の好みや、ハマっているものがコロコロ変わります。

また、常に熱を上げている雰囲気というよりは本当に『ふんわり不思議な雰囲気』を纏っているので、例え彼に「好き」といっても男性からみたら「一時的かもしれない」と思わせる独特の魅力があるので、重い言葉を言っても重くないのです。

なので、セフレとして主導権を握っていると思っていた男性側が、逆に彼女の行動や感情を読み切れず、グルグルと思考を回し、ズブズブ深みにはまっていった結果だと推測します。

体験談から学ぶ本命になるための3原則

体験談から学ぶ本命になるための3原則
3人の体験談を見るとわかる通り、

セフレから彼女になるために大切なことの基本は

  • 笑顔
  • 明るい
  • 重くない

の3つです。

彼と接する時は常にこの3つを完璧に維持しましょう。

彼と話している時は、笑顔で明るく話しをする。

悲しい表情や暗い話をしない。

彼に「わたしたち付き合ってるの?」と聞いたりしない。

無理に連絡を取ろうとしない、彼から連絡がこないならそのまま放置しておく。

彼に自分の気持ちや心情をわかってもらおうと思わない。

これを常に意識して『笑顔で明るく、一緒にいて楽な女性』を目指すことです。

彼のことが好きで好きでしょうがない女性にとって『笑顔で明るく、一緒にいて楽な女性』を目指すのがどれだけ難しいことか、というのはとてもよくわかります。

「彼が他の女性と喋っていたら嫉妬してしまう」

「連絡がこないと涙が出てくる」

「彼は今何をしてるんだろうと不安になってしまう」

その気持ちは痛いほどわかります。

ですが、

 

セフレから彼女になりたいのなら、ここはつらくても頑張りましょう。

 

仮に、彼に自分の好きという気持ちをどんなに真剣にぶつけたところで彼は振り向いてくれません。

あなたの気持ちに気づいて「そんなに俺のこと思ってくれるなんて!」ということにはならないのです。

あなたが寂しい表情をしていても一緒です。

「こんな顔させちゃって悪いな。それでも耐えてくれるなんていい女だな」なんてことは思われません。

本当に笑顔で明るく、一緒にいて楽な女性でいる、というのを完璧に維持できるかどうかでセフレから彼女になれるかどうかが決まるといっても過言ではないのです。

本当の意味での『セフレ』でいれば男性を惹きつけられる

本当の意味での『セフレ』でいれば男性を惹きつけられる
本命になるための3原則が分かったところで、彼女たちがセフレから彼女になった理由について、恋愛アドバイザーとして詳しく解説していきます。

基本的に本当の意味での『セフレ』として行動していた場合は、セフレの男性を惹きつけられる可能性が高まります。

セフレはセックスフレンドの略ですよね。

大体セフレというと

『男性が良い思いをして、女性が傷ついている』

という状態を思い浮かべると思いますが、本来の意味で言えば

『男女関係なく、ただ身体関係を持っている友達』

というだけです。

つまり、女性が

×「好きだから抱かれているの。わたしの気持ちに答えて!」

という気持ちでセフレでいるのではなく

「ただの気の合う男友達で、セックスもしてる」

ぐらいの感覚でいるのが本来のセフレのあり方です。

この考え方で彼と接するのです。

男性は基本的に、自分のものになっていない女性に惹かれます。

なので、もし身体の関係を持っているとしても『自分のもの』という確信が持てない場合は、惹かれ続けるのです。

もちろん、身体の関係を持っていない方が、男性惹きつける魅力は大きいです。

ですが、身体の関係を持っているとしても

  • 彼を最優先させない
  • 彼にすがらない
  • 必要以上に媚びない

といったことを徹底し

「わたしは、あなたのものではない」

という態度でいれば彼があなたに振り向いてくれる可能性は一気に高まります。

また、身体の関係を持ったまま近くにいることで、セフレを作るようなタイプの遊び人の男性にとっては

『一緒にいて一番落ち着く』

という評価になり、彼の遊びが落ちついたタイミングで、彼女に昇格する可能性が高くなるのです。

セフレから彼女になりたいのであれば、彼に尽くす健気な女性を演じたり、彼に嫌われないかビクビク過ごしたりするのではなく『一緒にいて楽なセフレ』を演じていた方が各段に成功率が高まります。

ただし、すでに彼に対して重い行動をしてしまった場合は、同じ手法でセフレから本命になるのは難しいです。

彼の記憶をリセットするためにも健気に尽くした後に一度離れる方がセフレから本命になれる確率が上がりますが、彼の側にいたままでも可能性はゼロではありません。

このあたりについては後ほど、解説しますね。

セフレから本命になるために心に留めておくべき6つのこと

セフレから本命になるために心に留めておくべき6つのこと

心に留めておくべき6つのこと

  • 精神的に絶対に負けてはいけない
  • 笑顔を絶やさない
  • どんなに寂しくても、彼に無理に連絡を入れたり、ツライ顔を見せてはいけない
  • 彼が他の女性と付き合おうと、楽しそうに話していようと嫉妬してはいけない
  • 彼を最優先させてはいけない
  • 彼との共通の友人に絶対に相談してはいけない

これを常に意識しましょう。

まず、絶対に精神的に負けてはいけません。

彼と会いたい、彼に気持ちを分かって欲しい、それは痛いほどわかります。

ですが、そういった気持ちに負けて無理に連絡を入れたり、嫉妬したり、ツライ顔を見せたりしてはいけません。彼女になれる可能性が下がってしまいます。

 

どんな時でも笑顔!明るく!重くなく!を合言葉に乗り切りましょう!

 

乗り切れば、必ず良いことがあります。

また、彼を最優先して次の日朝から仕事なのに夜中に呼び出されて会いに行ったり、友達との約束をドタキャンして彼に会いに行ったりしてはいけません。

彼に「俺の言うことなら何でも聞く」と思われ、雑な扱いを受ける原因となってしまいます。

それから、彼との共通の友人には絶対に相談してはいけません。

彼にあなたの本心をバラされる可能性もありますし、そもそも友人は悩みを聞いてもらうには信頼のおける人かもしれませんが、恋愛に関してはプロでも何でもないです。

つい手軽な友人に相談してアドバイスをもらってしまいがちですが、友人からのアドバイス通りに動いて上手くいったなんて話は聞いたことがありません。

共通の友人に相談するのは、リスクが高いだけでメリットはほとんどないので気を付けてください。

よくわからない情報に惑わされないで!

よくわからない情報に惑わされないで!
また、最近、セフレ状態の女性からの相談で

「付き合ってくれないと嫌だ!と、ごねたら彼から着信拒否をされてしまった」

「面倒くさいと思われそうなことをバーッって言ってしまって(やってしまって)、嫌われた」

というものが増えています。

似たようなパターンが続き「なぜだろう?」と思っていたのですが、

『ごねられるのが面倒くさいから付き合う、という選択肢を取らせる』

『身体の関係を持ったんだから責任を取れ!と行動(2ショットの写真をあげるなど)で示す』

と教えている方がいるそうです。

ハッキリ言いますが、これが成功するパターンは

  • そろそろ落ち着いても良いと思っている
  • 恋愛における自分の限界を理解し始めた

などが重なっている場合に、この現象がおきるだけであり、誰もがこれで相手にセフレを彼女に昇格させたり、結婚を決めさせることができるわけではないので、注意してくださいね。

 

というより、恋愛心理学的に見れば『90%近い確率で失敗』します。

 

男性は最初から恋愛対象かセフレだけの相手か認識している?

よく

「男性から見て本命に昇格したという感覚はない」

「男は最初見た時に恋愛対象かそうでないかを区分けする」

「セフレから彼女に昇格できるのは恋愛対象として最初から見られている女性だけ」

というような話がありますが、これは間違っています。

そもそも、
 

身体の関係を持って良いと感じる = 恋愛対象
 

つまり
 

セフレ = セフレにならなければ彼女になれる可能性があった

 

というのは圧倒的な真実です。

セフレから彼女に昇格するのは、最初からそのセフレを恋愛対象で見ていて、タイミング的に彼女を作る気になった時、というような話がありますが、これは、かなり表面上の話です。

心の奥底で起きている心境の変化としては、男性側がセフレの女性に対して『自分に落ちていない相手』と感じているからこそ、『恋人という関係で繋ぎ止めておきたい』が出てくるのです。

セフレから彼女になりたいと思うのであればこそ、表面的な話に惑わされずに、

『相手の心はどのように変化するのか』

また、セフレから本命になった人の体験談の中で

『どんな心の変化が起こったのか』

を観察するようにしてくださいね。

ただし、『セフレはセフレのまま』となってしまうパターンも当然ある

ただし、『セフレはセフレのまま』となってしまうパターンも当然ある
ここまで体験談を踏まえてお伝えしてきた通り、しっかりと男性心理を理解し、行動を起こせばセフレから彼女になることはできます。

ですが、同様に、確かに私の周りには、セフレのままで終わってしまった、という女性も多数います。

また、彼の気持ちを知ることさえできれば恋愛の90%は上手くいく!の記事でもお伝えしていますが、恋愛心理学は100%の効果を保証するものではありませんし、世の中には心理学の枠から外れた行動をとる男性もいます。

なので、単純にセフレから彼女になるための行動をとれなかった人から、セフレから彼女になるための行動をとったにも関わらず、セフレから彼女になれなかった女性がいるのもまた事実です。

二番目でも良い、という気持ちで尽くすも報われず

二番目でも良い、という気持ちで尽くすも報われず

当時の年齢:10代後半~20代後半
相手の年齢:20代前半~30代前半
セフレ歴:6年

出会って2ヵ月程でセフレの関係になった相手に8年間片思いした経験がありますが、結局振り向いてもらえず終わりました。

彼には本命の女性がいる、というのははじめから知っていました。

相手の女性を見たことはなかったけど、きっとすごくかわいい人なんだろうな、と思ってましたし、彼の話を聞く限り本当に理想的な女性なんだと思います。

彼がいかに彼女の事を好きで、どんな風に尽くしているのかを聞いて、「ああ、私もこんな人に好かれたらきっと幸せだろうな」と思いました。

私は別に、彼とどうこうなりたいと思っていたわけではないのに、彼の方からデートや食事に誘ってくれるようになって、気づいたら身体の関係を持っていました。

でも、彼女にはしてくれない。

だけど、彼には本命の女性がいるのを分かっていたから、きっと他の女性では彼の一番にはなれないのだと思っていましたし、それは仕方のない事だと思っていました。

そこから半年ほど経った後、新しい女性があらわれました。

正直、可愛さも美人さもない女性で、私もそんなに警戒していませんでした。

なのに、気づいたら彼はその女性の事を好きになっていて、出会って2ヵ月あまりで付き合い始めました。

たまに、私との関係も持っていましたが、基本的にその人が優先。

6年間セフレをやっている中で、彼は彼女と別れた時期もありましたが、それでも復縁したり、彼が彼女を追いかける言動をしているのを目の前で見せられたり、人伝えで聞いたり、気が狂いそうでした。

彼には、私が出会う前からの『本命』がいたから『二番目で良い』と思っていたのに、全然関係ない、しかも自分よりも可愛くない女性にとられるなんて、本気で意味がわかりませんでした。

それでも、「ひま~」から始まる連絡。

その連絡を待つ自分。

身勝手で、本当にどうしようもない人で、だけど、優しいところや人として脆いところもあって。

こんな自己中な人、私以外は受け入れられないと思っていました。

だけど、高価なプレゼントを贈ったり、体調を気遣う連絡をしたり、女性側からの連絡を待っていたり。

すれ違いで不機嫌になった彼女の機嫌をとるために家の前まで弁明に行ったり。

「ああ、もう自分はダメなんだ」

と、諦めようと思って連絡を絶っていたら、「何してるの?」と連絡が。

それでいつもと同じことになる。

それでも、やっぱりこんなひどい人を愛せるのは自分しかいないと思っていたし、彼の周りにいる女性は彼の表面しか見ていないと思って、本気で未来を信じていました。

彼の彼女に慣れなくても、最後に『妻』として選んでくれればいい。

それが私の願いでした。

でも結局、私はセフレになってから6年間ずっとセフレで、私が仕事を辞めたことで関わりがなくなりました。

でも、ずっと彼のことが忘れられず、好きでもない男性と関係を持ったりと、新しい環境になってもよくいう『恋愛の幸せ』とは程遠い生活をしていました。

多分、連絡を取らなくなって2年ほどした時に、酔っぱらったノリで彼に連絡をし、再会。

昔に比べてかなり扱いが良くなっていましたが、結局身体を求められたので、拒否しました。

「不誠実な関係はもう嫌なので、いきません」

と、返信したところ

「なんでそんな偉そうなの?意味わかんないわ。じゃあね」

と言われ、終わりました。

なんか、こんな人に8年以上片思いして尽くしていたのはバカだったな、と思ってしまいました。

今では笑い話ですけど、本気で思っていたから報われるってわけではないんだな、と勉強しました。

セフレから彼女になるための王道パターンを実践するも自然消滅

セフレから彼女になるための王道パターンを実践するも自然消滅

当時の年齢:30代前半
相手の年齢:20代後半
セフレ歴:3年

セフレを好きになり、本命昇格のために全力で尽くしたのちに、身体の関係を切りました。

某有名掲示板で相談したところ

「彼はあなたの気持ちに気づいていないのかもしれない」

と言われたので身体の関係を切る際に、

「セフレから彼女にして欲しい」

と伝えましたが、

「ごめん」

と一言。

でも、セフレから彼女になるための王道パターンはほぼ完璧に実践できたと思っていたので、そのうち連絡は来ると確信していました。

でも、1年経っても連絡が来ず、脈なしなのを痛感して、諦めました。

職場が変わったので、わたしと遊んでも職場にバレることもないし、何か向こうからアクションがあるかも、と期待しましたが結局何もなく自然消滅しました。

ちなみに、あれからもう7年ほど経ちますが、いまだに連絡はありません。
(もう吹っ切れているのでいいんですけど)

以前の職場の友人が彼とSNSで繋がっているんですが、何度か彼女が変わっている、とのことで。

別に彼女に一途な人でも、一人を深く愛する人でもないのに、私は彼女にしてもらえなかったんだなって、そこはすごく悲しくなりました。

きっと、最後に告白したので「面倒くさい」と思われてしまったから自然消滅なのかな、と今となっては思っていますが、それ以外は『セフレから彼女になるための方法』の王道パターンを実践できていたと思いますし、本当に私には可能性がなかったんだな、と。

本当に、あの時の彼を落とす方法があったのなら、教えてほしいくらいです。

それでも彼と繋がっているならまだ諦める必要はない!

それでも彼と繋がっているならまだ諦める必要はない!
仮にあなたが、セフレから彼女になれた体験談には当てはまらず、『セフレはセフレのまま』の体験談に当てはまってしまったとしても、彼とつながりがある限り諦める必要はありません!

※もし、本当に繋がりすらないという場合は、連絡手段がない人もOK!会いたい人に会える!簡単で効果の高い方法!の記事を参考にしてくださいね。

サイト上でセフレから本命になるための基本を知ることはできますが、万人に合うものなんて正直ありません。

こちらの記事でもお伝えしている通り、100人いれば100通りの恋愛があり、『これをすれば上手く行く!』なんて魔法の心理学は残念ながら、ないのです。

それでも、この記事でお伝えしてきたことは私自身もセフレから本命に昇格した経験があり、恋愛アドバイザーとして3,700件以上相談を受けてきた身として、『セフレから彼女に昇格するための最も有効な方法』だと自信を持って断言できます。

その上で、

「当てはまるところもあるけど、当てはまらないところもある」

「セフレから彼女の王道パターンを実践したいけど、関係が崩れるのが怖い」

「離れることなく、彼を手に入れる方法が知りたい」

「彼はセフレだと割り切っていると思うけど、それでも絶対に彼女になりたい!」

と思うのであれば

『願望成就のショートカットが可能』

『相談者が特別なことをしなくとも縁が強まり、彼の方からアプローチをかけてきてくれる』

という奇跡を体感してみてください。

電話占いピュアリ 神女(かみんちゅ)先生 セフレ体験談

電話占いピュアリ 神女(かみんちゅ)先生 セフレ体験談

神女先生の凄いところは、『当たる』のはもちろんのこと、その『当たる理由』が『特殊な祈祷により未来を変えることができるから当たる』ところです。

神女先生は『願望成就のショートカット』の言葉通り、祈祷によって

『望みを叶える力』
『未来を変える力』

常識では考えられないレベルであり、『相談者の願望を叶えることができるからこそ、当たる』が近いのです。

悔しい話ですが、恋愛心理学ではカバーすることのできない部分をカバーする特殊な力があるからこそ、神女先生は

『毎日12時間近く待機している上に、一人あたりの鑑定時間は10分未満のことも多いのに、いつでも予約が満員』

という状態なのです。

電話占いピュアリ神女(かみんちゅ)先生はいつも予約が満員!!

普通の占いでは『あなたとの未来はない』『彼は辞めた方がいい』といった言葉で終わってしまうことも多い関係性だとしても

『大丈夫です』

と力強い言葉で祈祷をし、願望成就に導いてくれます。

もちろん、適当に期待を持たせているというわけではなく、仮に縁を繋いでも幸せになれない可能性が高いものは

「幸せな未来ではないかもしれない」

と前置きした上で、

「それでも一緒になりたいなら祈祷をして願望を成就させます

という方向性なので、これこそ本当に『意味のある占い』であり『能力』です。

電話占いピュアリ 神女(かみんちゅ)先生 セフレ体験談

電話占いピュアリ 神女(かみんちゅ)先生 セフレ体験談

中々予約を取れないのが痛いところではありますが、今は、神女先生が在籍する電話占いピュアリが

  • 初回10分無料
  • 初回鑑定最優先予約

といったキャンペーンを行っているので、電話占いを試したことがない、という方はぜひ一度試していただきたいです。

また、世の中には悪質な占いサイトも実際にありますが、当サイトの『体験談』を読んでいただければわかる通り、全サイト、管理人と友人が実際に登録して試しているサイトなので、高額請求などは一切ないので安心してくださいね。

そして、鑑定の時間は先生によりけりですが、少なくとも神女先生は、本当に『キッパリ、はっきり、端的に』タイプの先生なので、鑑定時間はこちらの質問量によりますが、先生自身は引き延ばし(鑑定時間を長くすること)は一切ありません。

参考記事【電話占いピュアリ:神女先生】思念伝達(念送り)の効果がスゴイ!!毎日予約が埋まっているのにも納得!【口コミ・体験談】

電話占いピュアリ 神女(かみんちゅ)先生 セフレ体験談

電話占いピュアリ 神女(かみんちゅ)先生 セフレ体験談

まだまだ知名度が低い電話占いですが、だからこそ、ピュアリであれば『初回10分無料』という特典を設けてくれている状態なので、

「本気でセフレから彼女になりたい」

「一刻も早く、彼と幸せな時間を過ごしたい」

心の底から願っているのであれば、一度体験してみることを強くオススメします。

電話占いピュアリ特典情報

電話占いランキング

電話占い基礎知識

電話占い体験談

おすすめ占い師診断

新しく『おすすめ占い師診断』ができました!
あなたの悩みにピッタリな占い師を無料で診断!

スポンサーリンク

-身体だけの関係