恋愛の悩み

LINEをブロックされてしまった…。それでも連絡を取りたい人へ

更新日:


LINEをブロックされたり、メールアドレスを変えられてしまい、「もう好きな人と連絡が取れない…。」とつらい気持ちを抱えている女性もいると思います。

ですが、LINEをブロックされたり、メアドを変えられたからと言って、一生連絡が取れないわけでもないですし、好きという気持ちを諦めなきゃいけないというわけでもありません。

LINEをブロックされてしまった、メアドを変えられてしまった、でも諦められない!という方のために、2人の仲を戻し、もう一度連絡を取り合える仲になる方法を解説していきます。

絶対に冷却期間を置かなくてはダメ!


まずはじめに、ブロックされてしまった、メアドを変えられてしまったという時点で残念ながら、嫌い、関わりたくない、思われてしまっていることは間違いありません。

認めるのはつらいですが、それは一旦きちんと受け止めましょう。

今は、無理に彼に連絡を取ったところで、状況は良くなりません。

LINEのブロックやメアドの変更というのは中々するものではないので、半年から1年ほどは一度彼から離れ、冷却期間(関わり合いを持たない期間)としましょう。

冷却期間の必要性は冷却期間はなぜ必要なの?冷却期間がもたらす効果とは?の記事で詳しく説明しています。

半年、1年なんて待てない!つらい!という気持ちはとてもよくわかりますが、今はそれが最善なのです。

離れている間に自分磨きをし、なぜLINEをブロックされてしまったのかをきちんと考え、改善しておけば、半年後、1年後に彼とお付き合いできる可能性は高くなります。

会えない時間は長く感じると思いますが、今、会わないことが結果的に一番はやく2人の仲を修復できることにつながるのです。

冷却期間を置いた後にやるべきこと


半年から1年ほど冷却期間を置いた後、さっそく仲を戻すために動いていきましょう。

念のためLINEを送ってみる

まず、ブロックが解除されていないか念のためLINEを送ってみましょう。

内容は「久しぶり!元気?」ぐらい当たり障りのないものを送ります。

基本的に、ブロックした後はそのまま放置という人が多いので、ブロックが解除されていることは稀です。

ですが、中にはしばらく時間を置いた後にブロックを解除するという人もいます。

特に、復縁したい相手にブロックされてしまったという場合

別れた直後にブロック → しばらく経って昔のことを思い出しブロック解除

ということもあります。

ブロックを解除している、ということはブロックした時に感じていた嫌な気持ちが減っているということです。

冷却期間中に考えた「ブロックされた理由」を常に頭に置きながら、同じことの繰り返しにならないよう焦らず注意しながら連絡を取るようにしましょう。

連絡の取り方に関しては、復縁に有効なメール内容を詳しく解説!を参考にしていただければと思います。

内容としては、復縁したい人の向けの記事ですが、冷却期間を置いた後からのやりとりの仕方については、片思いでも一緒なので、そのまま使っていただけます。

電話番号を使って連絡を取ってみる

LINEがブロックされていたり、メアドを変更されていても電話番号を使ったやり取りは拒否されていない、ということも多いです。

先ほどもお伝えした通り、時間が経ち「嫌い」という感情が薄れてきたとしても、ブロックを解除する人というのは稀です。

もう何とも思っていないけれど、ブロックしたままという人の方が圧倒的に多いです。

冷却期間を置いたのなら、彼の気持ちが変わっている可能性は大いにあります。

勇気を出して電話番号宛てにショートメールを送ってみましょう。

送る内容については、念のためにLINEを送ってみると同じ感じで送ることをオススメします。

彼を含めた飲み会を開いてもらう

もし、共通の友人を通じて飲み会を開催できるようなら、それに越したことはありません。

半年から1年間自分磨きを続けてきたなら、直接会った方が彼にインパクトを残せますし、2人の距離も近づきやすいからです。

ただし、友達にも彼にも、今でも彼が好きだということはバレないように注意です。

共通の友人に好きという気持ちがバレてしまうと、善意で2人をくっつけようとしてくれたりしますが、そういった善意は大体悪い方向に転びます。

「彼と会いたいから飲み会開いて!」とお願いするのではなく、「久々にみんなで会いたいね」という感じで、自然な飲み会を開催してもらいましょう。

やってはいけないこと


LINEをブロックされてしまった、メアドを変更されてしまったという時にやってはいけない行動についてもまとめておきます。

こういった行動を取ると、今以上に悪い状況になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

友達経由で「ブロックを解除して!」と送る

共通の友人を通じて「ブロックを解除してほしい」と送るのはやめておきましょう。

冷却期間を置いていない時点で、ブロックを解除してくれないでしょうし、間に第三者を入れることでそれこそ「空気の読めない、人に迷惑をかける女性」だと思われてしまいます。

自分から頼んでいなくても、友達が親切心で

「○○がブロックされて悲しんでたよ、そこまですることないんじゃない?」

と、相手に言ってしまうことがありますが、これもなるべく避けましょう。

本当にあなたがお願いしたわけじゃなかったとしても、言われた方はまるで悪者にでもされたような嫌な気持ちになってしまい、ますます避けるようになってしまいます。

なので、なるべくブロックされてしまったことなどは共通の友人には黙っておくようにしましょう。

グループLINEを通して連絡を取る

LINEはブロックされていても、グループライン内ならやり取りができます。

しかし、グループという何人もメンバーがいる中で個人のやり取りをするのは好ましくありません。

これも、先ほどの友達経由で「ブロックを解除して!」と送るのと同様、「空気の読めない女性」だと思われてしまいます。

ブロックされて、何とか挽回したい!という気持ちはわかりますが、ここは堪えて冷却期間を取りましょう。

冷却期間を置く前に連絡をしてしまう

先ほど冷却期間を置いた後の連絡の取り方でお伝えした通り、LINEをブロックされたり、メアドを変更されても連絡を取る手段はあります。

しかしだからと言って、冷却期間を置く前に連絡を取ったり、何とか彼に会おうとするのはNGです。

彼の気持ちが落ち着いていない状態で無理に追いかけてしまうと、それこそ本当に連絡を取る手段がなくなってしまいます。

今はぐっと我慢して冷却期間をしっかりと置きましょう。

時間が経てば、気持ちは変わる!


ブロックされてしまった時点で、彼はあなたに良い印象を抱いてはいません。

ですが、人の気持ちは変わります。

人の気持ちを変えるために大切なのは、「時間が経つのを待つこと」です。

長く会わないと忘れられてしまうんじゃないの?と思うかも知れませんが、忘れられていいのです。

冷却期間中に彼女ができてしまったらどうすればいいの?と思う人もいるでしょう。

それも気にしなくて良いのです。

詳しくは、冷却期間が不安な女性へ伝えたい5つのことで説明しています。

LINEをブロックされた、メアドを変更されて連絡が取れなくなった。

こういう状況でも諦める必要はありません。

今何をすべきかをしっかりと考え、もう一度彼女候補としてやり直しましょう!

どうしても連絡が取れない人へ

  • 彼の連絡先もわからない。
  • 飲み会を開いてもらうこともできない。

こういう状況で連絡を取る手段がまったくない!という状態の場合、最後は運よく偶然会う他ありません。

しかし、諦める必要はありません。

運は自分で引き寄せることができるからです。

どうしても連絡が取れないという方は、連絡手段がない人もOK!会いたい人に会える!簡単で効果の高い方法を試してみてください。

実際、紹介している方法を試したことで、好きな人と再会できた!という人は多いです。

諦められない恋を無理に諦める必要なんてどこにもありません!

自分の力で、チャンスを勝ち取りましょう!

連絡手段がない人もOK!会いたい人に会える!簡単で効果の高い方法

電話占いランキング

電話占い基礎知識

電話占い体験談

-恋愛の悩み

Copyright© 電話占いナビプラ , 2018 All Rights Reserved.