電話占い占術解説

易占いとは古代中国の叡智が詰まった易経を基にした哲学的な占術。良し悪しの判断が得意でハッキリとした答えが欲しい人に向く【無料占いアリ】

易占い

易占いとは、古代中国に伝わる古い書物で、かの有名な『孔子』を始祖とする儒教の基本書籍『五経(詩経・書経・易経・春秋・礼記)』の経典のうちの一つ『易経(えききょう)』を基にした占術です。

易経とは自然の法則から人の一生の浮き沈みといった普遍的な道理を集約し、それらを64のタイプ(六十四卦)に分け、それ等から成る人生についての教えを説いた書物です。

易占いの原型は人類が狩猟生活をしていた頃まで遡りますが、現在使われている『易占い(周易)』は約三千年前の『周』の時代に完成されました。

当時の中国の帝王は、天変地異から戦乱、飢餓に至るまで、自らの国の民を守るためにこの易を用いており、『予言の占術』として活用しており、それゆえ、周易(易占い)そのものが『帝王の学』とまで呼ばれる由緒正しき占術です。

『予言の占術』

いわば『転ばぬ先の杖』『保身の術』を明確に体現した占いだと言えるでしょう。

ゆえに『経営者』や『事業の独立を考える人』といった『帝王学』を学ぶ人に現代でも広く愛されている由緒正しき『卜術(偶然は必然であるという占術)』です。

もちろん、国や事業の未来だけではなく、個人の明日の行方から恋愛を占うことにも使えます。

現代では『易占いのやり方』といった簡易な技術書がたくさん出ていますので、初心者でも簡単にできると思われてしまいがちです。

ですが本来、元となった易経の原文はかなり難解な漢文であり、儒教の五経に含まれていたことからも分かる通り、哲学的な要素がこれでもかと散りばめられているため、実際に易者として周易を使いこなし正確に遠い未来を予言するためには、人生経験、感受性、常識、教養、実践、これらすべての要素が必要だと言われています。

正確に遠い未来を予言するためには、人生経験、感受性、常識、教養、実践、これらすべての要素が必要

なので、この後紹介する無料占いを含め、ネット上の易占いは残念ながらあくまで『あなたの中に眠る本能的な予知能力を少しだけ引き出すに留まるもの(予知能力は本来誰しもが持っています)』であり、プロのする易占いの精度とは比べ物になりません。

周易はハッキリしたYES/NOを見るのが得意で下記のような鑑定に適しています。

周易で見ることができるもの

  • 彼と付き合うことができるか
  • 彼は私のことが好きか
  • 自分に××の才能はあるのか
  • 個人事業主になって成功できるか

ただし、結果次第とはいえ

「自分の分を弁えていない。何をやっても無理。諦めるべき」

という答えが返ってくることもあるくらい驚くほど『ハッキリ、キッパリ』なので、

「結果次第で次を考える」

くらいの覚悟がないと、気持ちが落ち込むこともあるので注意してください。

厳しい言葉は聞きたくない、という場合はオラクルカードのような占術が向いています。

周易と断易の違い

周易と断易の違い
周易と断易はどちらも中国発祥の占いで『易』の名前が付くため、混合されがちですが、周易と断易は別物です。

また、一般的に『易』というと『周易』を指します。

なので、このページでも『周易』を解説していきます。

周易も占いの中ではハッキリ出るタイプの占いですが、『断易』は、『断』の言葉通り周易以上に『断定的』なので、

  • 吉凶
  • 時期

共に恐ろしいほどハッキリ出ます。

例えば、

「彼と付き合うことができるか?」

という質問に対して、周易はYES/NOを出しつつも

「なぜその結果になるのか」

「どう考えるべきか」

という哲学的な助言が最初から含まれますが、断易

「付き合えない」

といった感じで占者によるとは言え、基本はとにかく『YES/NOをはっきりズバッと出す』占いです。

それゆえ、断易は周易以上に多くの日本人には合わず、日本ではあまりメジャーではなく、扱える占者もあまり多くありません。

易占いの基本

易占いの基本

易占いでは

自然と人生を支配する『八つの要素』に文字と形を与えたものを『小成八卦(しょうせいはっけ)』と言い、この八つの要素を

  • 上の卦である『外卦(がいか)』
  • 下の卦である『内卦(ないか)』

外卦・内卦

として組み合わせて六十四の卦(六十四卦)を作ります。

また、六十四卦の画の(6本の線)のうち、どこにあたるかを求める事で計384通りの結果になり、それを基に信託を読み解いていきます。

八つの要素

八つの要素

自然と人生をあらわす八つの要素

  • 天(てん)
  • 沢(たく)
  • 火(か)
  • 雷(らい)
  • 風(ふう)
  • 水(すい)
  • 山(さん)
  • 地(ち)

八つの要素を文字に置き換える

八つの要素を文字に置き換える

  • 天→乾(けん)
  • 沢→兌(だ)
  • 火→離(り)
  • 雷→震(しん)
  • 風→巽(そん)
  • 水→坎(かん)
  • 山→艮(ごん)
  • 地→坤(こん)

この八つの文字は人間界の特徴をあらわす『卦名』と呼ばれるものです。

文字を形に置き換える

文字を形に置き換える

  • 乾→☰
  • 兌→☱
  • 離→☲
  • 震→☳
  • 巽→☴
  • 坎→☵
  • 艮→☶
  • 坤→☷

この『形』は『陰陽説』に対応しており

  • 一本線が『陽』
  • 二本線が『陰』

を示しています。

陰陽

また、易においては陽に偏りすぎるのも陰に偏り過ぎるのも良くないとされ、『中庸』という『偏らない状態』ほど、徳が高いとされます。

六十四卦(ろくじゅうしけ)

※タッチで拡大表示します。

この六十四卦で宇宙のほとんどは判断できるとされるため、次の爻を求めず六十四卦で鑑定そのものを完成させることもあります。

変爻(へんこう)

変爻
6本の爻(横線)のうち、どの位置を示しているかを指し、物事がどの段階にあるか、を示しています。

下から順に

初爻
二爻
三爻
四爻
五爻
上爻

と言い、時間の経過をあらわしています。

初爻が最も未熟で、上爻が最も成熟した状態です。

ただし、初爻が悪い、上爻が良い、ということではなく、占的(占いたい事柄)次第で、良し悪しは変わります。

易占いのやり方

易占いのやり方
易占いは基本的に最低でも

  • 易占い用に作られた50本の竹『筮竹(ぜいちく)』
  • 筮竹を立てておくための『筮筒(ぜいとう)』
  • 紀元前から使われていた計算用具『算木(さんぎ)』

の3つが必要です。

安価なものであれば、20,000円程度(もっと安いものもありますが、それなりのものを欲するならこれくらい必要です)

本格的なもの(素材が高級なもの)を揃えようと思ったら100,000円以上になることも珍しくありません。

また、現代の易占いで主に使われているのは

略筮法(りゃくぜいほう)

と呼ばれる方法ですがその上(儀式をしっかりやる方法)に

  • 本筮法(ほんぜいほう)
  • 中筮法(ちゅうぜいほう)

があります。

また、略筮法をもっと簡略化したやり方に

  • サイコロ
  • コイン
  • イーチンタロット

を使った方法があります。

サイコロの易占い

今回は、主に行われる『略筮法』をお伝えしていきます。

ちなみに、

「手順が省略されている分、的中率が下がるのではないか?」

と思われがちですが、そんなことはありません。

占者が『長い時間集中して気を込めるタイプなのか』それとも『短時間の集中で答えを瞬時に得るタイプなのか』の違いです。

なので、略筮法が得意な占者は、本筮法にすることで的中率が下がりますし、逆に、本筮法が得意な占者が略筮法を使うと的中率が落ちます。

略筮法(りゃくぜいほう)

略筮法

  • 50本の筮竹から1本を抜き出し、それを筮筒へ入れる
  • 残りの49本を顔の前で扇型に開き、全神経を集中し、二つに割る
  • 右手にある方を一度下に置き、その中から一本だけ取り出し、左手の小指と薬指の間に挟む
  • 左手の束を八払い(春夏秋冬と唱えながら各2本ずつ計8本を抜き出す)8で割り切れない7本以下になるまで繰り返す
  • 指に挟んでいた一本を加えて残った数(1~8)が下の卦(内卦)となる
  • 内卦に対応した形を算木を使って机に置く
  • 1~5を繰り返し上の卦(外卦)を出し、最初の算木の上部に対応した形を置く
  • 六十四卦のうちのどれかが完成する
  • もう一度、50本の筮竹から1本を抜き出し、それを筮筒へ入れる
  • 残りの49本を顔の前で扇型に開き、全神経を集中し、二つに割る
  • 右手にある方を一度下に置き、その中から一本だけ取り出し、左手の小指と薬指の間に挟む
  • 左の束を六払いし、6で割り切れない5本以下になるまで繰り返す。
  • 指に挟んでいた一本を加えて残った数が『爻』となる

文字での説明ではわかりづらいと思いますので、Youtubeで略筮法の解説を行っている易者の先生の動画を置いておきます。

【無料】易占い

当サイトでも、無料の易占いを提供しています。

易占いをしてみたい方は下記のページへどうぞ。

地天泰
【無料】易占い(周易)

周易で今のあなたに必要な言葉を占います。 易占いでは、ハッキリ吉兆が出ますので、怖い結果は聞きたくないと言う方にはオススメできません。 詳しくは易占いの参考記事をご覧ください。 大丈夫な方は【結果を表 ...

プロの易占いを体感したい人へ!

「Aを選ぶべきかBを選ぶべきか。ハッキリした答えが欲しい」

「このまま頑張った先で報われるのか、キッパリとした結果が聞きたい」

という方は、『詳細なし』でも、納得の結果をズバリ示してくれる『易者クリスタルドラゴン先生』に頼ってみてください。

メール占いココナラ 易者クリスタルドラゴン先生

体験談【メール占いココナラ:易者クリスタルドラゴン先生】情報一切なし!周易でズバリの鑑定!アゲ鑑定のない忌憚のなしの結果を聞きたい人に!【口コミ・体験談】

実際に体験談を読んでいただけるとわかると思いますが、本当にキッパリハッキリと言い切られる上に、事前情報を何もお伝えせずとも「なんでわかるの!?」と驚きを隠せない鋭い鑑定。

易占いは出た易によって『こういう意味の卦です』という基本の型はあるのですが(当サイトの無料易占いはまさにそれです)

同じ卦を得たとしても、鑑定した事柄によって吉凶が変わることもあります。

例えば、『地雷復』という卦は、『元に戻る』という意味を持つ卦なので、『復縁』や『喧嘩の修復』には良い卦ですが、結婚に関して言えば『軽い交際で終わる』といった暗示になります。

『天風姤』という卦は女性が先頭に立って商売をするには良い卦ですが、結婚には向かない卦です。

このように、『何を占うか』によって読み方は変わりますし、これらは無料占いの範囲では鑑定不可です。

なので、自分の中で「ちょっとした道しるべが欲しい」「今の自分へのアドバイスが欲しい」というおみくじ感覚であれば無料占いでご自身の中に眠る予知能力を信じる形でも良いと思いますが、本当に大事な決断をする場合は、プロの鑑定を頼ってみてくださいね。

金額も一項目1,000円(実際に鑑定を受けた時の金額なので、変動の可能性はあります)ですし、メールという気楽な鑑定でありながらズバリと当たるので、気になる方はぜひ一度易者クリスタルドラゴン先生の凄さを体感してみてくださいね。

ココナラ(電話占いココナラ・メール占いココナラ)の評価・評判・口コミ・体験談
1分100円から鑑定できる!ココナラ電話占いの評判!メール占いは500円~できる!

サイト名 ココナラ 料金 1分100円~ 通話料 無料(ココナラアプリの場合のみ) アプリを使わない場合は1分あたり20円の通話料がかかります。 ※通話料は他の電話占いサイトと違い鑑定料金に上乗せされ ...

その他の占術を見る!

地天泰
【無料】易占い(周易)

周易で今のあなたに必要な言葉を占います。 易占いでは、ハッキリ吉兆が出ますので、怖い結果は聞きたくないと言う方にはオススメできません。 詳しくは易占いの参考記事をご覧ください。 大丈夫な方は【結果を表 ...

電話占いランキング

電話占い基礎知識

電話占い体験談

おすすめ占い師診断

新しく『おすすめ占い師診断』ができました!
あなたの悩みにピッタリな占い師を無料で診断!

スポンサーリンク

-電話占い占術解説

© 2021 電話占いナビプラ