恋愛の悩み

片思いの相手へのメールやLINEは無理に話題を作るべきではない!

更新日:


片思いの相手へメールやLINEを送って仲良くなりたいけれど、会話の話題がない…。

当たり障りのない内容なんて送ったら好意がバレてしまうかも、彼に迷惑だと思われてしまうかも…。

でも、仲良くなるためには、連絡すべきだよね!?

といった具合に、片思いの相手への連絡の内容を思い悩んでいる女性も多いかと思います。

先に結論を述べさせていただくと、片思いの相手へのメールやLINEは無理に話題を作って送るべきではありません。

無理に話題を作って相手に連絡をすることは、恋の失敗につながってしまいます。

特に、まだ連絡先を知っているだけで2人の仲が良いわけではない、気軽に話せる間柄ではない、という場合はなおさら無理に連絡をすべきではありません。

はじめのうちは、メールやLINEは連絡手段として使うに留め、会える関係なら会いながら距離を縮めて行き、仲良くなってきたところで、メールやLINEで恋心を加速させるというのが上手な恋愛の運び方です。

詳しく説明していきます。

まずは実際に会って仲良くならなければ意味がない


ネット上の出会いなら話はまた変わってきますが、近場の男性が好きなのであれば、まずは実際に会っている時に仲良くならなければ意味がありません。

よく、「好きな人にはためらわずに連絡すべき!メールを送っても返ってこない、気のない返事なら脈なしです」というようなアドバイスを見ますが、脈を調べても仕方がありません。脈は作るものです。

脈がないからと諦めるのでは意味がないですし、今まで仲良くしていたわけではない女性から連絡がきて、嬉々として返信してくるのなんて、女性に飢えているか、あなたに一目惚れしたかのどちらかです。

脈がないなら別の男性に狙いを変えたい!というのなら話は別ですが、好きなら脈を作りましょう!

そのためには、とりあえず連絡をしてみるのではなく、実際に話をして仲良くなることからです。

それに、仲良くない相手に相談事を持ちかけたり脈絡なく連絡を入れるということは、「相手に好意をバラす行為」になります。

後で詳しく説明しますが、好意はバラさない方が恋愛はうまくいきやすくなります。

また、彼のことが好きだと言っても、彼の興味のある話題が何なのかは実際には曖昧にしかわかりませんよね。

それはつまり、仲良くない状態で彼に連絡をしたところで、「彼をワクワクさせられない」ということにつながります。

あなたからの脈絡のない連絡に、彼は「めんどくさい」と感じかねないということなのです。

ある程度、直接話せる関係になればメールの話題はいくらでも掴むことができます。

ですのでまずは、「メールを送って仲良くなろう!」とするのではなく、会うたびに積極的にあいさつをする、目が合ったらちょっと微笑む、グループで会話をする、といった方法で直接会っている状態で距離を縮めて行きましょう。

メールを送って良い雰囲気になるのはその後です!

話している時にメールの話題をつかむ


2人でも会話ができるぐらい仲良くなってきたら、いよいよメールやLINEを使って距離を縮める段階です。

メールの話題は、実際に話をしている時につかみましょう。

例えば、会話の中で美味しい料理屋を彼から教えてもらったとしましょう。

その場合、「この店であってるかな?」と、メールやLINEで彼にURL送ります。

その後、実際にそのお店に行ったら

「この前教えてくれた○○行ってきたよ!お肉の肉汁がじゅわっって感じですごい美味しかった!また良いお店あったら教えてー!」

と送れば、彼は

「教えたところに本当に行ってくれたんだ。こんなに喜んでくれるなんて嬉しいな、また良いところがあったら教えよう」

という気持ちになります。

これが、彼の趣味や興味のあることならなおさらです。

人は自分の得意なことや好きなことを人に話したいものです。

音楽や、映画、バイク、スポーツ、アニメ、彼の趣味が何であれ、この手法は使えます。

彼の趣味を一緒に楽しむことができれば、あなたは彼にとって趣味を理解してくれる一緒にいて楽しい女性という位置づけになります。

趣味仲間と認定されれば、話題にも困りませんよね。

彼と仲良くなるには彼好みに近づくことです。

話をしている中で、彼の趣味や好み、興味のあることを探り「彼がやりとりしていて楽しい」と感じるメールを送りましょう。

メールを送る際の注意点

無理に会話を続けない


彼とメールやLINEができたことが嬉しくて、なるべく長くやりとりを続けたい!という気持ちはすごくわかります。

長くやりとりを続けたいあまりに文の最後に「?」を絶対につけたり、話題が終わりそうな時に別の話題を持ち出したくなるものです。

ですが、彼と良い雰囲気になりたいのなら、彼がやりとりを続けようとしない限り(?つきの文を送ってくる、会話が終わったと思って返信しないでいたら、向こうから連絡が来る)、無理に連絡を続けるべきではありません。

例えば、さきほど例文としてあげた彼に美味しい料理屋さんを教えてもらい、「ここであってる?」と連絡をいれた場合、彼から「そうだよ!」ときたら、「ありがとう!今度行ってみる~!」とだけ返信し、無理に連絡を続けようとしないことです。

男性は、メールやLINEをコミュニケーションツールではなく、単なる連絡手段として捉えている人も多いです。

やりとりを続けて好感度をあげたい、自分のことを考える時間を増やしてもらいたい、という気持ちはわかりますが、過ぎたるは及ばざるが如し。

無理に連絡を続けるのは彼に「めんどくさい」と感じさせてしまう原因となってしまうので注意しましょう。

あなたに気がありますよ、的なメールはNG


好きな相手へのメールをするときに

「彼女いるんですか?」
「○○さんの彼女になったら楽しそう」
「わたしのことどう思いますか?」

といったことを送り、相手の反応を見たくなってしまう気持ちはわかりますが、基本的に好きな相手に好意をバラすのはNGです。

男性は、追いかけたい生き物なので、あまりに女性側が好意をアピールすると「あ、もう俺の手に入ってるな」と感じて興味を失ってしまうんですね。

仮に、あなたに対してまだ恋心が芽生えておらず、友達として気持ちが芽生え始めていたぐらいの場合、彼のことが好きだから趣味を寄せているという下心がバレてしまうと、引いてしまう男性もいます。

なので、基本的には「俺のことが好きそうだけど、どうなんだろう!?」ぐらいの気持ちにさせておくのが一番なのです。

彼に好意を示す時は、

「さすがですね!」
「すごい!」

といった褒め言葉に留め、

「彼女いますか?」
「○○さんの彼女になったら楽しそう」
「わたしのことどう思いますか?」

といった文は送らないようにしましょう。

そういった文を送らずとも、彼の好意を計ることはできます。

仲良くなってきて、彼に彼女がいないのなら、普通にデートに誘ってきます。

デートに誘われるまで、やきもきするかも知れませんが、そこは彼に主導権を握らせてあげましょう!

返事を催促しない


メールやLINEの基本は、相手の返信速度に合わせることです。

連絡がこないからと、「おーい!」「見てる??」「もしかして送れてない?」といった連絡をするのはよくありません。

また、「暇なときに返事ください!」というのも、相手を思いやる言葉ですが、受け取った方が返事を催促されていると感じてしまいやすいです。

返事がこないのであれば、もうその話題は忘れ、また新たな話題ができた時に改めて連絡をするようにしましょう。

メールを上手に使って恋愛成就!

メールは上手く使えば、お相手の恋心を加速させるツールとなりますが、下手な使い方をすると2人の恋愛を終わらせてしまうことになりかねません。

無理に話題を作ったり、内容を考えたりせず、自然とやりとりができるようしっかりと手順を踏みましょう!

そうすることで、確実にお2人の距離が近づきます!

電話占いランキング

電話占い基礎知識

電話占い体験談

-恋愛の悩み

Copyright© 電話占いナビプラ , 2018 All Rights Reserved.